眼科

Ophthalmology
眼科

眼科

動物は目に異常を感じると我慢ができず、自分でこすりつけたり前脚で掻いてしまいます。その結果、ますます症状を悪化させてしまう危険性も高くなります。しぐさの異変のほか、眼が赤い、または白い、緑色に見える、痛そうにしている、涙が多い、目ヤニが多い、普段より眼が大きく見える、ものが見えていないようにみえるなどの異常を発見したら、すぐに病院につれてきて治療を始めましょう。当院では眼科検査器具を幅広く揃えているため小さな異変を見つけることができ、早期発見・早期治療が可能です。

こんなお悩みありませんか

主な症状 考えられる疾患
眼が赤い 結膜炎、角膜潰瘍、ぶどう膜炎、緑内障、乾性角結膜炎(ドライアイ)
眼が白い 白内障、核硬化症、好酸球性角結膜炎、角膜ジストロフィー、角膜浮腫
眼が見えない 白内障、突発性後天性網膜変性症、緑内障、網膜剥離、進行性網膜萎縮症、視神経炎
眼が痛そう 角膜潰瘍、緑内障、乾性角結膜炎、ぶどう膜炎
涙が多い 角膜潰瘍、眼瞼炎、結膜炎、ぶどう膜炎、マイボーム腺機能不全
目ヤニが多い 異物、乾性角結膜炎、ぶどう膜炎、角膜潰瘍
眼が緑色に見える 緑内障、網膜剥離、網膜変性症、視神経炎
眼が大きい 緑内障、眼球内腫瘍、眼球突出

診療内容

診療科目
  • 眼科

2次診療病院について

アニマルアイケア・東京動物眼科醫院

眼科診療専門動物病院 オフィシャルサイトはこちらから